Z会がシステム障害|「情報漏えいはない」と発表されました

塾から帰ってきてネットにつないだらヤフーニュースでZ会について取り上げられていました。システム障害が起こって印刷・製本ができなくなったみたいです。

 

Z会システム障害

会員20万のうち(そんなにいたのかと驚きました)最大10万人に教材が発送できなくなる可能性があるみたいです。発送できなくなる可能性があるのは、2月から始まる17年度分教材だけのようです。

13日に印刷データを読み込む段階で不具合が分かったらしく、すぐに直れば良かったのですが、23日の時点で新規申し込み停止にせざるを得ない状況になったとのことです。復旧は4月頃を目指すとありましたが、かなりかかりますよね。

原因は、新しいシステムへ移行作業をしているときの技術トラブルだったそうです。生徒の学力や苦手分野などに応じて教材をパーソナライズできる素晴らしい技術が何らかの不具合を起こしたとありました。

高性能の技術はありがたいですが、何か一つでも狂うととんどもないことになってしまうんですね。

銀行・レジのポス・電車の改札・電子マネーなどが全く使えなくならないと燃えいないですよね。

電子マネーのお金がいきなり全部なくなっていた…そんなことがあったら悲しすぎます。銀行のお金も急に無くならないとは限らないですよね。

ものすごく不安になってきました。話がズレてきてしまいました。

不幸中の幸いは3月からの高校受験・大学受験を控えた人たちに影響がないという事です。

外部からのサイバー攻撃でなく、情報漏えいもないとありましたが、それが嘘だったら進研ゼミ以上にバッシングを受けるでしょうね。

今年はZ会離れは確実に起こると思います。今回のようなことがあると、通信教材をあまり進められなくなってしまいます。早く復旧するといいですね。