読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福岡農業高校

福岡県内の学校の話題

検索結果などを参考にして福岡農業高校が過去取り組んだ話題や受験について書いています。高校選択の参考にしてください。

 

福農の今年の倍率

倍率は直前にならないと分かりません。2月の中旬まで待ってください。一般的に前年度の倍率が高ければ翌年の倍率が低くなるといわれていますが、そうならないことも結構あります。

工業・農業系の場合、学科によって倍率が異なるので受かりやすい学科、受かりにくい学科があります。ネットで調べれば昨年度の倍率が分かります。

お野菜ファッションショー

太宰府市にある福岡農業では地産地消・食育の大切さを伝える活動を定期的に行っています。

そのイベントの一つとして、2017年1月13日、生活デザイン科の生徒が、ナス・カボチャ・キウイ・イチゴなどの野菜や果物をイメージしたドレスを手作り。「お野菜ファッションショー」を早良区の高取保育園で開きました。

同園は玄米和食の給食を取り入れ、梅干しやみそを手作りするなど、独自の食育活動をしているらしく、福岡農業の活動を知り、高校側に出演をお願いしたみたいです。

福岡農業

福岡農業について私が思っていることを書きます。

福岡農業に進学をすれば普通科ではできないことがたくさんできると思います。もし、関心が持てるようなことが高校でできるのであれば、普通科に行くよりも福岡農業に進学したほうが将来自分の合った職業につけると私は思います。

言われるままに5教科の勉強をしているけれど、受験勉強をする意味に疑問を持っている人は福農を選択肢の一つにしてもいいと思います。

福農に入って、普通科ではできないことを学ぶことで、自分がやりたいことを見つけられるかもしれません。

「みんなが普通科に行くから」という理由で普通科進学を考える必要はないです。

「でも、大学に行かなければ将来が不安だし‥」と思う人もいるでしょう。しかし、大学に行ったからといって、将来が安定するのですか?大学に行かなくても普通に生活をしている人はたくさんいます。名前を書けばだれでも入れるような大学に進学するよりも福岡農業で勉強をする方が価値があると私は思います。

それに、福農で勉強をしていく中で、「自分がやりたいことをするために大学進学が必要だ」と思うかもしれません。自分の意志で勉強が必要だと感じたら、なんとなく普通科で勉強をやらされている人よりも必死に勉強に取り組めるはずです。

学校の授業だけでは大学進学は難しいかもしれませんが、自分で勉強をしたいと思える人なら、独学でも大学に合格できるはずです。

参考:私の高校時代の偏差値推移