読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塾のテストで点数が取れる学校では取れない|勉強しない中学生に響く言葉はない|スタディサプリ勉強が苦手な人はどの講座

9月に書いた勉強に関するつぶやきです。目次をクリックすると読みたい記事に移動します。

 

塾のテストはできるが学校はできない

「塾のテストでは点数が取れるのに学校では取れない」

というような、珍しい検索がされていました。

普通は塾では取れないけれど学校では取れるなのに・・・

もしかしたら「塾のテスト」は実力テストではなく、「塾内復習テスト」なのかもしれません。

大手塾の中には月に1回塾で習った内容の復習テストを行っているところもあるみたいです。

当然、塾で習った授業の復習なので塾の授業を受けていれば普通に解けます。

もしかしたら、生徒に高得点を取ってもらうために、あらかじめ出題内容をほとんど教えてるかもしれません。

直接これが出るとは言いませんが「ここを暗記しておけ」と強調すればいいですよね。

これなら、学校の定期テストで点数が取れない人でも塾のテストで点数が取れてしまいます。

テストで何が出るかをあらかじめ教えるのは「やればできる」と思わせて生徒のやる気を出させるからなのでしょうかね?

それとも、塾で勉強をすれば高得点が取れるようになる、成績が伸びるという風に錯覚させるためなのでしょうかね?

勉強しない中学生に響く言葉はない、小学生の時に習慣づけるべき

中学生になってから全く勉強をしない子にこれを言ったら心に響いて勉強をやり始めるというような言葉はないと思います。

そんな簡単に子どもが勉強をし始めるのならだれも苦労しません。

その子が自分で何かに気付いて急に勉強をし始めることは稀に見られますが、親が何かを語って勉強を始めるなんてことはないです。

地道に勉強をするように習慣づけるしか方法はないです。

勉強習慣がつくかつかないかは家庭環境でほぼ決まります。

親が子供に勉強をしてもらいたいのであれば、自分子どもがどうすれば勉強をするようになるのか真剣に考え、適切な対応を取る必要があります。

中学生、勉強嫌いな子勉強を好きにさせたい

中学生からいきなり勉強が好きになるなんてことはほとんど考えられません。

勉強をしてもらいたいなら小学生のうちに勉強習慣をつけておきましょう。

1日5分でも10分でもいいから、勉強をするのが生活の一部になるように親が子供に働きかけましょう。

スタディサプリ勉強法|勉強が苦手な人はどの講座を取ればいいか

中学生か高校生が気になって検索をしているのだと思いますが。

「スタディサプリ 勉強法」

「スタディサプリ どの講座をとればいいか」

などといった検索がされることが多いです。

こうしたほうが頭に残りやすいというやり方は確かにあります。

しかし、それって勉強習慣のついている人が、試行錯誤をして自分なりのやり方を見つけていくものです。

勉強習慣のついていない人は、勉強法を考える前に勉強をしたほうがいいと思います。

スタディサプリも基礎の講座を選べばいいだけです。

そして、まじめに授業を聞いてください。

それからです、勉強法を考えるのは。

勉強が苦手、成績が伸びないと思っている人の大半は勉強習慣がついておらず、少し勉強をしただけで「勉強しても成績が伸びない」と言います。

それだけの勉強で成績が伸びるならだれも苦労しないよと思ってしまいます。

成績が伸びている人は脳の仕組みが違う例外的な人を除き、それなりに勉強をしています。

1日1時間適当に勉強をしている人が、1日3時間集中して勉強している人に勝てるわけがありません。

勉強が苦手と思っている人はそのことをまず知っておいてください。