2017年(平成29年)度西南学院大学入学定員数1000人以上増加|入試難易度低下!!かなり合格が簡単になることが予想されます

西南学院大学が入学定員を1000人以上増加することを発表しました。確定するのは9月ですが、ほぼ間違いなく増えるはずです。

 

新しい入学定員

左側が変更前、右側が変更後です

  • 神学  :  10人|10人
  • 英文学 :100人|120
  • 英語専攻:100人|120
  • フラ専攻:  50人|60
  • 商学  :150人|180
  • 経営  :150人|180
  • 経済  :200人|240
  • 国際経済:100人|120
  • 法律  :270人|315
  • 国際法 :  80人|95
  • 児童教育:100人|100人
  • 社会福祉:110人|110人
  • 心理  :100人|120
  • 国際文化:150人|180
  • 大学全体:1670人|1950

なんと、1学年280人も定員が増加しました。

今回定員数を増加させ1950人×4=7800人にしたのは、もしかしたら経営を考えたからなのかもしれません。

これからの大学は少しずつ助成金が減らされる可能性が高いんです。助成金が減らされる分、学校の努力で入ってくるお金を増やす必要が出てきます。

中規模大学とみなされる8000人ギリギリまで定員を増やすことで入ってくるお金を増やす選択をしたのでしょう。

西南学院大学情報(メインサイトに移動します)

2017年2月の入試の難易度は?

1学年の定員がいきなり280人も増えます。当然ながら今までなら不合格になっていた人も合格することができるようになります。

受験者数も増えると予想されますが、受験する生徒のレベルが上がることはないはずです。それまで西南を敬遠していたレベルの生徒たちが、思い切って挑戦することにより受験者数が増えるだけだと思います。

ですので、倍率が仮に高くなったとしても難易度は低くなるはずです。

河合塾の偏差値だと経済学部・商学部は偏差値が47.5くらいになるかもしれません。

進研でも下手をすれば偏差値55くらいになるかもしれません。流石にそこまでは下がらないかもしれませんが、偏差値が60台が維持される可能性は低いと思います。

・参考 西南対策の参考書

今回の定員増加で西南ブランドが数年後には無くなる可能性すら考えられます。可能性として考えられるのは、九州で一番偏差値が高い私大がAPU・立命館アジア太平洋大学になるということです。

2020年までは偏差値だけで西南を選んでも問題ないかもしれませんが、その先はどうなるか分かりません。

福大・九産大をはじめ、福岡工業大学・福岡共立大学・久留米大学などが、能力のある学生を集めることに成功すれば、今の偏差値ランキングに大きな変動があるかもしれません。

西南学院大学を卒業した人にとっては今回の定員増は納得がいかないと思います。というのも、自分が卒業した大学の偏差値をみて「上がった嬉しい!!下がった哀しい…」というようなことを、大卒者のほとんどがやっているからです。

さて、今年の西南学院大学の入試は本当に楽しみです。

今、「西南は自分が合格するのは不可能、福大に受かれば御の字」と思っている高校3年生は是非西南に挑戦してください。経済・商なら福大の人文学部に合格するのと同じくらい簡単になるはずです。

勝手な予想をしましたが、外れたらすみません。書いておいて申し訳ないのですが、予想の自信がなくなってきてしまいました。

大学受験関連の目次