医学部は東大並みに合格が難しい|一科目でも苦手科目をつくったらアウト

 

医学部は東大並みに合格が難しい

『週刊ダイヤモンド』6月18日号で「医学部&医者」されていました。

私は医学部受験に全く関心がないので、受験情報サイトを本格的に作ろうと思うまでは完全にスルーする内容でした。

10年前なら余裕で入れた大学でも、今はちょっとやそっとの勉強では合格ができなくなっているみたいです。

東海大学医学部は63人の定員(一般入試)に対し、5398人もの志願者がいたそうです。倍率は何と85.7倍です。

私立文系で倍率とは比べものになりません。

これはとびぬけた例のようですが、倍率20倍・30倍は当然というのが今の医学部受験の常識とのことです。

2016年のすべての医学部の定員数を合わせると9262人だったみたいなのですが、なんと志願者は14万人もいたみたいです。

医者になりたくてもなれない人が10万人以上もいるのですから可愛そうですよね。

どれくらい医学部に入るのが難しいかというと、中堅の国立大学に合格するのでさえ、東京大学理科Ⅰ類よりも難しいみたいです。

センター試験でも5教科7科目で80%以上の正答率がなければ合格は難しく、上位行になると90%以上の正答率が必要になるとのことです。

3科目で80%以上を取るのも難しいのに5教科7科目で80%なければ合格ができないなんて本当に恐ろしすぎます。

1995年の東京慈恵会医科大学の偏差値は56だったのに今は74になっているのだそうです。

なぜ医学部受験が過熱しているのか

弁護士を目指す人・理系学部を卒業し大手メーカーに就職しても稼げないから、くいっぱぐれのない医者になろうとしている人が増えてきていると書いてありました。

でも、お金だけを目的に医者になることを選ぶ人が増えるのはなんだか嫌ですね。

それに、医学部に入っていろいろな実習をして、自分が医者に向いていないことに気づいたらどうなるのでしょうか?

私は人の体に触れるのが怖いので、たとえ頭が良くても医者になるという選択はしなかったと思います。

人の体に触れなければならないということすら知らずに受験している人もいるのではないかと不安になります。

先日もブログで触れましたが、これからは消える職業・残る職業・新たに生まれる職業などを考えたうえで大学選び・就職活動をしなければならないみたいですね。

ではでは

教育関連の話題の目次