読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクティブ・ラーニング、TOEFL80点、レゴ入試、改革不安何をすれば?

 

今回の入試改革は今までの改革と異なるようです。10年後は今と全く異なる教育が行われている可能性が高いです。

f:id:step-up:20160322100525j:plain

現在学校で行われている一方通行の授業を当たり前だと思っていては、今後の急変に対応できないかもしれません。

「塾に通わせれば大丈夫だろう」というような考え方は捨てたほうがいいかもしれません。今後は今以上に「自分で子供を育てる」という考えが大切になるでしょう。

でも、どのように子育てをすればいいのか正解はありません。その場合は、他の親の教育方針を参考にすると良いです。それをヒントに自分の子供に最適な方法を親が考えてあげればいいのです。

しかし、今回の教育改革はなんだかごちゃごちゃしていて良くわかりません。アクティブ・ラーニングなんて聞いたこともない。うちの学校ではそんなことやりそうな気配がない。TOEFL80点なんてどうやって勉強させればいいのかわからない。レゴ入試ってなんだ!?深く考えると不安になるだけで何も対策が取れません。

そもそも、改革はまだまだ模索段階なので、今考えられていることがそのまま新しい入試制度になるとも限りません。

ただし確実に言えることがあります。「知識だけあってもどうにもならない」ということです。

新しい入試制度がどうなるか分からないが、知識偏重ではどうにもならない。そのような中、市販されている本の中で一番参考になるのがこの本です。絶版になっていると思うので中古でしか買えません。

10年前の本ですが、今読んでも十分参考になるはずです。特に第5章の塾よさらばは個人的に好きです。私も塾講師ですが、塾なんか存在しなくても勉強はできると思っているので、塾の適当さを気持ちよく書いてくれています。

ちなみに、福岡県内にも育徳館、門司学園、宗像、嘉穂高等学校附属中学校、輝翔館中等教育学校といった県立中学があります。

多くの親は仕事が忙しくて子供と触れ合う時間があまりないかもしれません。親が子供を思う気持ちは、例え触れ合う時間が少なくても子供は感じ取ります。少ない時間でも子供と真剣に向き合う時間を持つようにしてください。

勉強関連のつぶやき