読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アポイントメント商法|大学進学後注意すること③

つぶやき

 

アポイントメント商法は男子学生が比較的騙されやすいです。可愛い女性と楽しく話せると嬉しいですからね。「騙される奴がバカなんだ」そう思っている人も要注意ですよ。

f:id:step-up:20160317201550j:plain

 アポイントメント商法

資格試験・スポーツ・コンサート会場など、人が多く多く集まるところで「アンケートをお願いします。名前と住所と電話番号を記入してください」という人を必ず目にします。危険なので無視しましょう。

特にスポーツ・コンサート会場などではテントなどを出店して、普通の会社が何かアンケートを取っていると思わせようとします。雰囲気が全く怪しくないので、気軽に名前と住所と電話番号を書いてしまう人が多いみたいです。

アンケートはデータ化されいろいろなところで利用される可能性が高いです。アンケートを書いた数週間から数か月後、電話がかかってきて何かの勧誘をされたとしたら、その時のものだと思ってください。

かわいい女性が「ダイビングに興味はありませんか?」声を掛け、興味があると言った人に「アンケートを書いてください」というパターンもあります。

後日営業所で話をしませんかと誘われます。営業所で延々とダイビングライセンスの取得を勧められます。費用は高額で数十万はするでしょう。

多くの仲間が楽しそうにダイビングをしている写真なども見せてきます。「それらの仲間と仲が良くなったり、いい出会いもありますよ。」などと、誘惑されます。

普通に買えば20万円もしないようなノートパソコンを、いろいろな得特典があると錯覚させ100万円でローンを組ませるということもあります。

 

たまたま立ち寄った絵画展で、しつこく付きまとって来るスタッフが、高額な絵を勧めてくることもあります。それはカモフラージュです。「絵は確かに高いですよね。では絵画に関する情報誌などが送られてくる会員になりませんか?」などと勧められます。

始めに数十万の金額を見せておき、月数千円の会費を安いと錯覚させます。絵画を売ることが目的ではなく、会員を増やすことが目的なのです。

タダで何かをもらえると言って指定された場所に出向かせるパターンもあります。そこでかわいい女の子が現れて楽しいおしゃべりをしたりします。

次第に商品の話しに持っていかれます。楽しいおしゃべりもなしにいきなり商品やクラブ・サークルへ入会を勧めます。

断ることができない人は3・4時間粘られ、このままでは帰れないと思い契約を結ぶ結果になります。

これらは、はっきり言って詐欺に近いです。しかし、この手の手法で何らかのサービスを受けたり購入したりした人の中には、自分で納得してお金を払っている場合もあります。

納得してお金を払っているということは、自分が詐欺に合っていることさえ気づかないのです。本当に恐ろしいです。

 

アポイントメント商法とは若干異なるが似ている手法

訪問販売

訪問販売もいまだにあります。1万円くらいで買える布団を30万で売ろうとされたり。1万円もしない浄水器を100万円のローンを組ませて買わせたりします。

大学生になったばかりの時は世の中のことをあまり知らないので、こういう事に騙されやすいです。絶対に注意しましょう。

費用が1万円以上する商品等を買う場合は即決するのではなく、数日考えましょう。仮に騙されているとしたら、数日考えれることでそれに気づくはずです。

海外宝くじ

「あなただけ特別に海外の宝くじを購入する資格が与えられました」などと手紙が送られてきて宝くじを買わせる商法もあります。宝くじは実際に代えます。ただし、空くじです。当選することは100%ありません。

現実に騙されて一千万円以上騙された人もいるみたいですよ。一千万円まで使わないでも数万円分ためしに購入してみる人が多くいるそうです。

もちろん、自分が詐欺に合っていることなど気づかず、「外れちゃったのか・・・」と思って終わりです。

学生がだまされやすい詐欺をいくつか挙げましたが、これ以外にもいろいろな手法があるので、少しでも怪しいと思ったら絶対に一人で判断せず親・友達に聞いたり、ネットで調べるようにしましょう。

対処法は

  • アンケートには絶対に応えない
  • お得な情報は信用しない

です

つぶやきの目次