読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英検準1級が教員に要求されている!?

 

f:id:step-up:20160224162217p:plain

日経新聞に次のような社説がありました。

英語関連の記事として英語の早期教育について私の考えを書いたページもあります。関心のある方は是非読んでください。

英語早期教育

英検準1級、教員には高いハードル 文科省調査  

全国の公立中学・高校の英語教員のうち、英検準1級以上かそれに相当する資格を取得しているのは中学で28.8%、高校で55.4%だったことが25日、文部科学省の2014年度英語教育調査で分かった。政府の教育振興基本計画は17年度までに中学で50%、高校で75%との目標を掲げている。英語教員のいっそうのレベルアップが必要な状況が浮かんだ。

各地の教育委員会は英語教員を対象とした研修制度を拡充している。文科省の担当者は「積極的に研修に参加し、外部試験で自らの力を測ってほしい」と話している。

調査は中学9583校と高校3459校を対象に実施。14年12月時点で英検準1級以上、TOEFLiBT80点以上、TOEIC730点以上などを取得している教員の数を調べた。13年12月時点と比べ、中学は0.9ポイント、高校は2.7ポイントそれぞれ上昇した。

都道府県別でみると、中学では福井49.4%、富山48.0%、東京42.6%などが高かった一方で、20%未満が6県(青森、岩手、宮城、福島、山梨、高知)あった。

高校は福井86.3%、香川82.4%、富山79.9%の順に高かったが、40%未満が4県(福島、千葉、奈良、和歌山)あり、中高ともに自治体間に大きな差があった。

教育振興基本計画は生徒の英語力について、高校卒業段階で英検準2級程度以上、中学卒業段階で英検3級程度以上の割合を各50%とすることを目標としている。14年度調査では、こうした資格を取得したか、教員がそれに相当する英語力を持つと判断した生徒は中3で34.7%、高3で31.9%となり、前年度と比べ中学は2.5ポイント、高校は0.9ポイント上がった。

▼教育振興基本計画 約5年間に取り組む教育の重点施策などを定めたもので、2006年の教育基本法改正で制度化された。第1期計画(08~12年度)には、学校制度の弾力化や道徳教育教材への国庫補助、小中学校の耐震化などが盛り込まれた。第2期計画(13~17年度)では、国際的な学力調査で世界トップレベルになることや英語教育の強化、20年をめどに日本から海外への留学生を倍増させる目標を掲げている。〔共同〕

私の考え

英検準1級程度の実力もない人が英語の指導をするな、というのが国の考えみたいですが、私はそうは思いません。

確かに生徒に何を聞かれても教えることができる知識は必要です。

しかし、英検準1級やTOEIC720点を取ったからと言って生徒に教える実力があるとは言えないと思うんです。

確かに知識がたくさんあった方がいいのかもしれませんが、英検2級程度の実力があれば中学生に教えるには必要十分の知識があるはずです。

指導をするのに必要十分な知識があれば、他に必要なのは知識の補強ではなく指導力をつけることだと私は思うんです。

もちろん、英語の指導者が英検準1級程度に合格することができないのは悲しいですが、合格できないのだから仕方がないでしょう。

それにTOEICは知識というよりも情報処理能力が大切なのでどんなに高いスコアを取ったところで指導力とはあまり関係ないと私は思います。

こんなことを現職の教員に求めようとするのではなく、指導力の向上を求めた方が生徒のためになるはずです。

仮のこのような基準を設けるのであれば、今後教員免許を取ろうとする人だけに求めればいいことだと思います。

ちなみに、私は準1級には10年以上前ですが合格していますし、TOEICも大したスコアではありませんが、去年、820点(大体100時間程度対策をしました)を取っています。

一応、基本計画で要求している点数は超えているので今回の記事をUPさせてもらいましたが、こんな基準を設けるよりも現職の教員の指導力UPに時間を使ってもらいたいです。

 

追記

文部科学省が小中高校生の英語力を高めるため、大学の教職課程で身に付けるべき能力やそのための授業内容などについての案を公表しました(コアカリキュラム)

このコアカリキュラムは、英語で授業ができることを目標に、「聞く・読む・話す・書く」の4技能をバランス良く習得することを重視するとあります。

英語を使った討論や論述のほか、英語で生徒とやりとりする模擬授業などを経験させることを想定しているみたいです。

もちろん英語でやりとりすることができるに越したことはありませんが、指導力アップにもつながるのかは疑問です。

もし、英語で生徒とやりとりをするということがすべての教諭に求められたら誰も英語の先生に慣れません。

また、国は勉強をするということが前提でカリキュラムを作っているみたいですが、すべての生徒が勉強をするなど現実的にありえません。

英語が世界共通言語なので英語を自由に使いこなせたほうが活躍の場が広がるのわわかります。しかし、英語がすべての日本人に必要なわけではありません。

私の考えとしては、数学・英語のような積み重ねが必要な科目は中学生以降は移動教室制にして学力に応じたクラス編成をすべての公立学校で行うべきだと思います。

教諭の質を考えたり、大学入試の制度を変える前にすべきことがあるはずです。それは、わけのわからない現行の授業制度を変える方ことだと私は思っています。

教育関連の話題の目次