読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教員採用・共通試験

 

f:id:step-up:20160224160800j:plain

都道府県や政令市の教育委員会が個別に実施している教員採用試験に、国が主導して作成する全国共通の筆記試験の導入提言が教育再生実行会議が安倍信三首相に14日提出されたみたいです。

このような提言は、現在の公立学校(特に中学)の教諭の質が良ければ提出されることはなかったでしょう。教諭の全員が悪いとは言いませんが、塾生の話しを聞く限り問題のある教諭は相当数いるように思えます。

確かに、公立中学のようにクラスの中に勉強内容の定着率が全然違う生徒同士の授業をやることが難しいのは分かります。しかし、給料をもらえるから仕方なく働いているだけで、授業を初めから放棄している教諭も中にはいるみたいです。

そのような教諭をなぜやめさせることができないのか、そのよな教諭の存在は子供にとって決してプラスになることはないと思います。だから、明らかに能力がない教諭を解雇できる仕組みは絶対に必要だと思います。

今回の提言が実現されると採用試験において、面接や実技中心の試験に手厚い対応が取れるようになるらしく、知識はあっても指導能力のない教諭は採用されないようになるみたいです。

また、私は採用基準に社会人経験を加えるか、社会人経験のある人が受けられる試験枠を作るなどしてもらいたいと思っています。勉強をたくさんして学校に採用されて学校の中だけでしか生活をしたことがない人たちの集まりが学校の教諭です。

その中に、社会人経験があって世の中がどれだけつらいかということを身に染みてわかっている人が1割でもいたら、生徒に何らかの刺激が与えられるような気がするんです。

社会人経験のある人を教諭にすることができないのであれば、外部から経営者などを呼び、どのような経験をしてきたのかを伝えるのも面白いと思います。

成功している経営者の経験は、聞くだけでかなり面白いですよね。つまらない5教科の勉強をやるよりも1時間くらい授業時間を削ってそういう人たちの話を聞くことに国はお金をかけてもいいのではないかと思います。

どうでもいい独り言でした・・・。 

教育関連の話題の目次